スベンソンをはじめて1ヶ月後に彼女が出来たMハゲの独身サラリーマン

数日後にはスベンソンで普通の生活が送れます!

髪がめっきり減って、地肌がもろに見えていたんです。特に不規則な生活をしていたわけでもないのに急に抜け毛が始まりました。

評判が良いといわれていた3種類もの育毛剤を使ってみたけど抜け毛の量は減らず、気分的にも滅入ることが多くなっていました。

そんなとき、たまたま車を運転しているときにラジオで聴いたスベンソン。
thumb_www_zoumou_net.jpg

寝るときもそのまま」というのには「本当かよ」と思いながらも、すぐに髪が元通りになるという言葉が気になっていました。

カツラやウィッグは取り外さなくちゃならないし、薄毛がバレるのも嫌だったので女性と付き合うことも出来ないことに長い間悩んでいました。

さすがに30歳を過ぎて焦り始めました。育毛剤を始めてはみたものの数カ月使っても大きな効果が出なかったし、半分あきらめモードの私はラジオで聞いたスベンソンを試すことにしました。

(契約の前に資料請求して費用やコースを確認することが大切ですよ。※資料請求や体験談動画はココで確認できます。)

費用が月額の固定というのはやっぱり安心感があります。自分の予算に合わせて増やすことが出来ますからね。

お金に少し余裕がある人は、利用しはじめてたった数日で昔のような髪型に戻れたという人もいるようです。

スベンソンの増毛法の良いところ

スベンソンの増毛法はとにかく自然な感じの髪になるのでそのままで何年も過ごせます。自分がハゲているということを隠す、それを忘れるくらいに毎日過ごせますね。

髪の不満が無くなると気持ちがすごく楽になって仕事や遊びも思いっきり打ち込めます。

増毛は年をとったら自然に減らすことも可能なので、スベンソンはまさに求めていた増毛法だと思います。

薄毛や抜け毛に悩んでいる人は世の中に非常に多く存在しますから、最近では抜け毛治療もかなり一般的になってきており、実際に実践している人も多いです。
もちろん、育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーなども人気ですが効果には個人差がありますし、効果が出ないという評判もあります。

抜け毛治療においてよく耳にするのが植毛と増毛ですが、この2つの方法にどういった違いがあるのかをしっかりと理解している人は少ないです。
植毛と増毛の違いをしっかりと理解して、自分の求める抜け毛治療を行うことが大切になってきます。

植毛と増毛の違いですが、まず植毛は読んで字の如く毛を植えるというものです。

人工毛の植毛と自毛植毛の2種類が存在しますが、近年人気が高まっているのは圧倒的に自毛植毛です。
この自毛植毛とはその名の通り、自分の毛(毛根)を薄くなってしまった所に植えるというものです。

男性型脱毛症において薄くなるのは前頭部や頭頂部で、側頭部や後頭部は薄くなりません。
何故かと言うと、男性型脱毛症の原因は男性ホルモンが還元酵素によって抜け毛を引き起こす原因になるからで、後頭部などはその影響を受けにくくなっているからです。

この後頭部の毛根を薄くなったところに植毛し定着すると、毛の寿命は後頭部の時と同じまま生え変わっていきます。
なので、自分の髪によって薄毛が改善されていくのです。

採取した後頭部は傷跡が残ってしまいますが、採取する量にもよりますがとても細く髪で隠れてしまうので目立つことはありません。
自毛植毛の施術方法については、クリニックなどによって多少異なりますが基本的には同じです。

増毛についてですが、これは植毛とは違って髪をすぐに増やすという方法になりどちらかと言えばカツラの延長線上にあると言えます。
今ある髪に人工毛などを結んだりして髪の量を増やすという形になります。

この様に植毛と増毛の違いははっきりと存在しますし、費用なども異なります。
違いを理解した上で、どういった形で抜け毛治療を行いたいかよく検討して選択することが重要です。


薄毛改善は血液が重要 血液を作る材料はやはり食べ物です。

肉屋白書等控え発酵食品と雑穀と野菜中心の食事を心がけなければなりません現在私たちの食生活の環境は50年ほど前とくらべると大きく変わりました戦後厚生省童子が一時期1日8 G 以上の動物性たんぱく質が必要であると奨励したこともあり魚や肉等の動物性タンパク質を多く摂る欧米風の食生活に変化してきました肉付きの人は結構多いですよね。

タンパク質は髪を構成するアミノ酸の下ではあります。

がタンパク質をたくさん取れば髪に良いというのはちょっと違います。

動物性タンパク質の摂り過ぎは内臓諸器官に死亡うける他血管や血液の質をあかさせる要因にもなるのです。

さらに緑黄色野菜の不足と重なると当然糖尿病や腎臓病などの生活習慣病にかかりやすくなります。

知ってる知ってると言いながら横目でスルーしているあなた全くとるなとは言いませんが、過度に偏った食生活は育毛には厳禁です。
 

食生活と薄毛の関係

現代の食事で体にいい食事を取るためのポイントを紹介していきましょう。
 

良質のタンパク質を取ろう

髪の毛の99%は約18種類ものアミノ酸が結合してつくら荒れたケラチンというタンパク質からできています。

その中でも最も多いアミノ酸はシスチンといい、これは体内でメチオニンから作られます。

メチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸のため、食事で補わなければなりません。

必須アミノ酸を多く含むのは豆腐などの大豆製品や玄米芋類です。

タンパク質をとるにはこれらの植物性の食品を食べることが好ましいでしょう。

肉魚卵などの動物性タンパク質はアミノ酸スコアが非常に高く効率は良いのです。

が摂りすぎると内臓の負担になります。

ので取り過ぎに注意してくださいに緑黄色野菜を多く摂ろう香美の元となるタンパク質は一旦アミノ酸に分解されてから再び合成されます。

これはタンパク質代謝と言われビタミン B ビーフンが必要です。

髪のためにはビタミンa B C D E F それにパントテン酸が欠かせません。

中でもビタミン E はお勧めです。

人の体内にはない物質なので緑黄色野菜をとることが重要になってきます。

サラダなどで手軽に緑黄色野菜をとることはできます。

が見た目の割には量を多く取ることは難しいものです。

野菜は生の状態よりも茹でたり炒めることでより多くの量を取ることができます。

しかし味付けの際の塩分には気をつけてください。

そうはいってもそんなにバランスの取れた食生活は量的にも金銭的にも難しいですね。

だから食事も大切にしつつ足りない部分は栄養補助も有効的に活用していくこともお勧めします。

以下は体に必要な栄養素をまとめてみました。育毛には当然良質な血液が不可欠です。

それにはしっかりとバランスの取れた栄養の摂取が絶対的な条件になります。
 

髪を増やす三大栄養素

炭水化物

炭水化物を食べると消化吸収されて血中で貴也子の頭が体や脳の活動に欠かせないガソリンになります。

消化吸収された炭水化物は肝臓に蓄えられ、食事の間はそこから供給されます。

食事を抜くと血液中の糖が少なくなり 集中力が欠けたりしてきます。

体だけではなく、心や頭に大切な栄養源なのです。

脂質脂質は肥満の原因と目の敵にしてしまいがちです。

が本来脂質と呼ばれるラブラブんの栄養素は人にとって欠かせません。

実際、赤ちゃんの離乳食では三大栄養素として炭水化物タンパク質支出のバランスが大切になります。
 

タンパク質

タンパク質は体を作る栄養素で体内では古いものと新しいものが常に入れ替わっています。

タンパク質は体の中でアミノ酸に分解されます。

アミノ酸は内臓筋肉などの主成分でもあり、ホルモンや酵素などを作るのにも欠かせません。体で作れない必須アミノ酸があるため、食事から摂取する必要があります。

特にホルモンや酵素に使われるアミノ酸の入れ替わりは早く、常に十分な量のたんぱく質を摂取することが大切です。

酵素は体内のあらゆる機能に書かせずホルモンはそれぞれの期間がうまく機能するのに不可欠です。

ビタミン、糖質、脂質、たんぱく質の栄養素の分解や合成をサポートします。

体内では作り出せないので食品からの摂取が不可欠です。

ミネラル、カルシウム、鉄、亜鉛、マグネシウムなどがあり、骨を形成したり貧血を防いだりなど身体生理機能や神経の働きを調節する役割を担っています。

ミネラルも体内では作り出せないため、食品からしっかりと取る必要があります。

食物繊維を摂り、排泄を滞りなく行い、腸をきれいにすることで血液はサラサラになり血液の流れも良くなります。

栄養を取ることばかりに気を取られ、排泄が一番忘れられがちですが昔に比べて体に入る毒素の量が多い現代では、排泄にこそ一番気を使わなければなりません。

ステロールとは脂質の一種で動植物の細胞膜に存在しています。

ファイトケミカルとはギリシャ語で植物という意味で、植物に含まれる抗酸化物質のことを指します。

ステロールの中でも野菜や果物穀類など植物の細胞膜の成分となっているものを総称して植物ステロールと言います。

老化や生活習慣病を防ぐ効果から第7の栄養素と言われる植物ステロールは、ベータシトステロール夜間てステロールシグます。

テロールなど40種類以上が知られています。

コレステロールと形は似ていますが、植物ステロールは小腸では吸収されません。植物ステロールはコレステロールの吸収を抑え、血中の悪玉コレステロールの割合を下げる働きがあると言われ、生活習慣病予防を目的として食品に利用されています。

他にも前立肥大による尿の悩み改善が期待されています。

酵素を摂ると食べ物の消化吸収を良くする消化酵素の働きが良くなり、栄養をエネルギーに変える代謝酵素の生産量がアップします。

そうなると代謝酵素が全身に行き渡りやすくなるので新陳代謝が活性化されてダイエットしやすくなったり、体の不調が軽減されたりします。
 

抗酸化

人間は空気を吸って生活しています。空気の21%は酸素です。酸素は体の中で栄養素と結びついてエネルギーを作り出します。

ところが、体の中に入った酸素が全てエネルギーを作るために使われれば良いのですが、使われなかった文は酸化してしまいます。

簡単に考えると錆びついた状態になるということです。

金属に錆が出た状態を想像してください。それと同じ現象が体の中で起きると考えてください。一度酸化が起き始めると、どんどん連鎖反応で包んでしまうのです。

体の中の機能が錆び付くと正常な働きができなくなり、糖尿病高脂血症肝臓の機能の低下などなどの生活習慣病といわれる問題が起きてきます。

体の中を錆びつかせないようにするのが抗酸化作用酸化を抑える作用と言えます。

つまり、活性酸素を取り除き生活習慣病を予防することや老化の進行を遅らせることなのです。

動脈硬化やガンなど生活習慣病は、白髪やシミシワなど老化の原因で肝臓に最も溜まりやすいと言われています。

年齢とともに発生量が増えることも分かっています。

また多量飲酒、ストレス、食品添加物、タバコ、激しい運動、紫外線なども活性酸素を増やす原因となっています。

ですから、抗酸化作用の高い食品やサプリメントを摂ると体の本来の機能を低下させないようサポートできるわけです。

特に先ほど推奨したアサイベリーには抗酸化作用が高くポリフェノールが果実約4500ミリグラム含まれており、赤ワインの15倍、ブルーベリーの約18倍あります。

活性酸素を増やす飲酒は紫外線や喫煙車の排気ガス、電磁波放射線環境ホルモン、殺虫剤農薬、ストレス、栄養素の不足などたくさん身の回りにあります。
 

生活習慣

十分な睡眠の大切さがわかっているが軽視してしまいがちなのが睡眠です。

現代人は昔に比べて深夜まで起きていて睡眠時間が大幅に減少し、睡眠不足の人が多いのも事実。

健康な体美容育毛にしっかりとした睡眠は必要不可欠の要素で、睡眠中には皮膚細胞を構成するタンパク質の合成が盛んになり、細胞に栄養を与え肌や髪の毛のダメージを修復する成長ホルモンや刺激ホルモン、プロラクチン、甲状腺刺激ホルモン、黄体形成ホルモンなど皮膚や健康にとって有益なホルモンや抗酸化作用を持つメラトニンなどが分泌されます。

その他にも睡眠の効能はたくさんあります。

睡眠不足や不起訴来な睡眠によってこれらのホルモンが不足すれば、皮膚や髪の毛に悪いのは明らかです。

また髪の毛の成長は夜間に行われ、昼間にはあまり成長しません。まず睡眠で髪の毛が成長しやすい時間を与えてやること、毎日の十分な睡眠を大切にして摂るように心がけてください。睡眠不足になるとストレスも溜まります。

睡眠不足が続くと明らかに抜け毛が増えます。

良質な睡眠は髪の毛のためには欠かせない大切なものなのです。
 

ストレス

ストレスは体に悪いと言われ続けていました。しかしそれは最近の検証です。

ストレスとの向き合い方で体の反応も変わってくるというデータも出ています。

もともと日本人は特にストレスや苦痛に似たことを美徳と考えてしまいがちです。

何かを続けたいのならばやっていてストレスのないことをすることはもちろんですが、自分の周りにストレスが少ない環境を作ることもそうです。

ストレスは体に良くないんだと思い込むことこそ悪影響をもたらすということです。

ストレスを溜め込まないメンタルを作るということも大切ですね。
 

血行を良くする

育毛には血行を良くすることは欠かせない要素です。

特に頭頂部は毛細血管が少ないのです。

頭頂部に血液を循環させるにはマッサージと頭寒足熱が基本になります。

お風呂のお湯は熱いお湯は表面に泊まり冷たい水は下にたまります。

これは熱い液体の方が比重が軽くなるのです。

つまり足元を温めることで血液を頭の方へ循環しやすくし、頭を冷やすことで血液をしたに循環させるという実に理にかなった方法なのです。

これを血行促進による増毛に活用しない手はありません。もう少し頭寒足熱の解説をしていきましょう。これには重力の影響が大きく関係しています。

体の一番下に位置する足の部分は引力の影響でどうしても血液が溜まりやすくむくみやすい箇所となります。

血がたまりやすい足首やふくらはぎを温めて血行を促進してやることで足から心臓へと血が流れやすい状況足がむくみにくい状況が作られるのですが、これこそが健康に大きく寄与する足熱の力です。

特に女性の方は男性よりも足の筋肉量が少ないため、足がむくみやすくさらにはスカートを履いたりなど足が冷えやすい状況も多いため足熱はとても重要です。

まずは足を冷やさないことが大切です。

タオルケットや毛布などで足を追うだけでも冷えの予防となりますし、ストッキングや厚手の靴下などで肌が外気に直接当たらないようにするのも効果的です。

その上で気持ちよいと感じる程度に足を温めてやれば、足そして全身の血行が促進され免疫力や代謝も上がり健康に良い状態が作られます。

足を温める方法は毛布で足をすっぽり包んで行ったり足湯のように足全体が温められる方法顔勧めです。

また冬こたつを出しているのであればこたつに入るだけでも効果が期待できます。
 

頭皮の毛穴を清潔に保つ

頭皮は皮脂腺が多く皮脂の分泌量も多いので体の中でも角栓などで毛穴が詰まりやすい箇所です。

分泌されたばかりの状態ではさらさらしていて詰まったりするものではありません。皮脂は頭皮の潤いを保ち、外部の刺激から頭皮を守るという大切な役割を持っています。

しかし皮脂が過剰に分泌され、古い不必要な角質や老廃物と皮脂が酸化した過酸化脂質となるとそれが毛穴に詰まってしまうことです。

頭皮の毛穴の詰まりを解消するには糖分や脂肪文の摂取を控え、皮脂が過剰に分泌されないようにすることも大切です。

毛穴のつまりを撮ろうとシャンプーの量を使いすぎたりしても流し足りなければかえって洗浄成分が毛根にたまり、頭皮が良くない結果となります。

毛穴を綺麗にするにはシャンプー前のすすぎ洗いを頭皮を中心にしっかり行うこと、シャンプー後にも十分なすすぎが必要です。

基本的にはすすぎ足りていないと思ってください。なぜ、すすぎ足りないかと言うと石油系の界面活性剤は思っている以上に洗浄力が強力で、すすぎきれていないことが多いのです。

皆さんが知っているシャンプーでしっかり毛根をきれいな状態にすることはかなり難しいことだと思います。

子供なら尚更しっかりシャンプーを続けている子はいないと思います。

どんな状態が続くと脱毛の原因になるのは、当然髪の多い方は頭皮が臭ってきます。

特にシャンプーの香料が強いものやシリコンが強いシャンプー剤を利用している方は頭皮の匂いは要注意です。

実際に頭皮が臭っている方は意外と多いのです。

これは美容師でないとなかなか気づかないことですよね。意外と頭皮環境の悪い方は多いので自己管理とエチケットとしても健康的で綺麗な頭皮を保つように気をつけましょう。
 

新着ページ